研究開発の成果

論文発表
2015年10月08日
  1. 小賀野晶一.成年後見制度と医療同意問題.秋田県司法書士会会報3-4,
  2. 加藤佑佳,松岡照之,小川真由,谷口将吾,藤本 宏,占部美恵,柴田敬祐,中村佳永子,江口洋子,飯干紀代子,小海宏之,仲秋秀太郎,三村 將,福居顯二,成本 迅.認知機能障害により医療行為における同意能力が問題となった2例―MacCAT-Tを用いた医療同意能力の評価について―.老年精神医学雑誌.2013; 24: 928-936.
  3. 荒牧敦子.認知症の人への医療における意思決定について~介護家族からのメッセージ~.日本老年医学雑誌 2013; 50: 633-634.
  4. 成本 迅.医療現場で直面している意思決定の課題について.日本老年医学雑誌 2013; 50: 635-637.
  5. 小賀野晶一.成年後見制度の新しい展開―民法による支援と限界.日本老年医学雑誌 2013; 50: 638-640.
  6. 加藤佑佳,成本 迅.身体疾患に対する治療同意能力.臨床精神医学 2014;43(3):331-339.
  7. 小賀野晶一.認知症の終末期医療;意思決定プロセスと法的整備.老年精神医学雑誌 2014;25(2):170-175.
  8. 羽多野 裕,福居顯二.高齢化社会における医療同意の課題と精神科医の役割.総合病院精神医学 2014; 25(4).
  9. Tsoh J, Peisah C, Narumoto J. et al. Comparisons of guardianship laws and surrogate decision-making practices in China, Japan, Thailand and Australia: a review by the Asia Consortium, International Psychogeriatric Association (IPA) capacity taskforce. Int Psychogeriatr, 2015; 27(6): 1029-1037.
  10. 加藤佑佳,成本 迅.治療同意にかかわる意思決定の支援.老年精神医学雑誌2015; 26(9):1005-1009.