プロジェクト概要

プロジェクトの目標と概要

プロジェクトの目標

  1. 認知症高齢者の医療同意能力を専門家以外でも評価できるツールの作成
  2. 同意能力が低下した高齢者の意思決定をサポートするプロセスの開発
  3. 医療資源の乏しい地域でも運用可能な医療同意サポートシステムの開発

みなさんは、認知症などで自分の判断能力が低下したとき、医療行為に関してだれにどのように決めてほしいと思われるでしょうか。現在、わが国では高齢者数の増加に伴い、認知症などで同意能力が低下した高齢者に対してどのように医療を提供するかが課題となっています。従来、医療現場では、本人に同意能力がない場合、家族から同意をとって医療行為を行ってきました。しかしながら、近年の核家族化、高齢化に伴い、身寄りがなく代わりに同意をしてくれる家族がいなくて必要な治療が受けられない事例も出てきています。

この問題を解決するには、まず同意能力をきちんと評価して、ご本人だけの同意で医療行為を進めてよいのか、それとも意思決定に際して家族を含む周囲の人たちからのサポートが必要なのかを判断する必要があります。次に、ご本人が意思決定できない場合に、ご本人にとっての最善の利益は何かを念頭に置きながら、関与する人たちが代理で意思決定するプロセスを明確にすることが必要です。このプロジェクトでは、専門家以外にも使いやすい同意能力評価のツールと意思決定プロセスモデルを、認知症の当事者や家族、地域で暮らす人たちを含むさまざまな人たちの意見を聞き、実際に現場で運用しながら運用可能なシステムを作り上げることを目標にしています。

わたしたちのプロジェクトには、医療、福祉の専門家のみならず、医療行為の同意における成年後見人の役割や、より良い医療同意に関する法制度を検討している法律の専門家も加わり、海外の制度も参考にしつつ同意能力が低下した人であっても安心して医療を受けることができる体制づくりを目指しています。

イメージ